福岡の起業創業応援サイト
  • 大
  • 中
  • 小
トップ  >  ステップアップ助成事業  >  H20年度受賞者

 H20年度受賞者

平成20年度の福岡市ステップアップ助成事業では、9月25日に「ビジネスプラン評価会」を開催し、応募33社のうち、最終審査に臨む5社のプレゼンテーション形式による審査を行いました。
審査の結果、「福岡市ステップアップ最優秀賞」2社および「同奨励賞」1社 が選考されました。
なお、創業者フェア2008で、11月21日(金)に開催する「創業者応援団フォーラム」において受賞者の表彰及び事業計画のプレゼンテーションを行います。

最優秀賞

 

株式会社クロスエイジ  代表取締役 藤野 直人 氏 株式会社ネクストベリー 代表取締役 中前 一輝 氏
「こだわり農産物の仕入れ代行事業」 「10年後も繁盛店支援ASP事業(顧客育成プログラム)」
 九州一円の100を超す農業生産者・団体とネットワークを持ち、“ストーリーのある野菜”などこだわり農産物をスーパーや通販会社などへ仕入れる、仕入れ代行サービスを事業化。体系的な仕入れや商品提案を行い、「産地と売り場のつなぎ手」の役割を担っている。  クリーニング、花卉、通販の各業界に特化したASPサービスの開発、販売。「伝える・分かる・考える」を基本コンセプトに、顧客とのコミュニケーションに重きを置いたASPサービスの提供により、10年先も愛され、何度も行きたくなる繁盛店づくりを支援する。
受賞コメント 受賞コメント

 

奨励賞

 

水道防災協同組合 理事長 鹿毛 勝昭 氏
「火災から家族と財産を守ります!『水道連結型スプリンクラー設備(乾式)』の販売・施工の事業化」
平成21年4月の消防法・水道法改正を先取りし、停電時も作動する初期消火設備である水道管直結の乾式スプリンクラー設備を製造・販売し、全国的な普及を図る。小規模社会福祉施設や住宅への設置導入を目指し、火災から貴重な人命・財産を守る事業。
受賞コメント

 

 受賞コメント

株式会社クロスエイジ 代表取締役 藤野 直人氏
 この度はステップアップ助成事業最優秀賞を頂きまして真に光栄です。
クロスエイジという会社は、中学生の頃より起業を志していた私が、九州大学在学中に着目したビジネスの芽を元に、大学卒業後に企画やコンサルティング事業を行なう会社として起業しました。テーマは「農業」で、魅力的な産業、価値ある職業としての農業の確立が会社の理念です。
今回は2つの点で非常にありがたいタイミングで受賞する事ができた事を申し上げておきます。ひとつは「こだわり農産物の仕入れ代行サービス」をメインに展開している弊社の流通開発事業において、今後関西や関東への産直農産物の出荷を積極化させていこうというタイミングだったということです。ステップアップ助成事業最優秀賞受賞ということを存分にPRしながら、これまでの九州圏内をメインとした販売から、販路を全国に拡大していければと思います。
もうひとつは、弊社で取り扱う農産物のテスト販売やモニタリング機能を兼ねた直営店舗(農家“直”野菜『時や』)がこの夏に西鉄高宮駅前にオープンしました。その直後の受賞という事もあり、各種の配布物を見て店舗に来ていただいたり、お客様から「見たよ、あんたが社長だったとね?」と言われたり(笑)、タイミングのよさに感謝しております。
食に対する不安や、農業の危機が叫ばれておりますが、次世代を担う九州一円の生産者、及び取り扱っていただけるお取引先、そして消費者と一丸となって、魅力ある産業としての農業の確立に今後も邁進して行きたいと思います。また、これまでお世話になった方々が授賞式には大勢見えられていたので、受賞企業のプレゼンの際には目頭が熱くあつくなりました(笑)。もともとは奈良県出身で台湾育ちですが、起業した場所が九州、福岡で本当に良かったと思っています。感謝!

株式会社ネクストベリー 代表取締役 中前 一輝氏
 はじめまして、ネクストベリーの中前一輝と申します。弊社は、「何度も利用したくなる店づくり」を支援するシステム・メーカーです。単にシステムを構築するだけでなく、具体的な集客アイデアや実践して培ったノウハウに基づいた顧客育成型プログラムを提供していることが特徴です。
これまでクリーニング、花・通販の各業界にて、それぞれの業界で抱えている問題を解決するため、実際に、小売店の現場に赴き、全国で100店舗以上でのシステム化を支援させてきました。こうして現場をまわって学んだ事は、システムとは、単に「業務を効率化する」だけでなく、システムにこそ「お客様が何度も利用したい」と思える"しくみ"が重要であるということです。
弊社で提供しているシステムには、次の3つにコンセプトが含まれています。
「伝える」・・・自社の魅力をアピールするための「販促ツール」(チラシ・コミュニケーションはがきなど)
「分かる」・・・多彩な販促を支援する「顧客管理システム」(顧客・注文・フォロー・販促管理など)
「考える」・・・お客様の動向を分析できる「定期サポート」(アドバイジング・セミナーなど)
このように3つのサービスをご利用いただくことで、導入店が「10年先もお客様に愛されて繁盛店」になるためのお手伝いをしたいと私どもは考えております。
今回、こうした私どもの取り組みを、このような形でご評価いただけた事をたいへん光栄に思っております。今後も、そのご期待に答えられるように尽力したいと考えております。今後の弊社の成長を温かく見守っていただければ幸いです。
そして、このステップアップにエントリーしてよかった事は、申込時に「事業プラン」を記載したことです。その際に、自社の分析や整理整頓ができたことは非常に役立ちました。一つ一つの記載欄には意味があり、それをキチッと仕上げるだけでも、自社のステップアップのためにも価値があると思います。
また、最終選考後では、個別指導やプレゼンの機会をいただき、これによりさらに自社の事業やサービスをわかりやすくお伝えするためには、どう考えれば良いかなど、本やネットでは得ることのできない貴重なご指導をいただけました。さらに、実際に第一線で活躍されている経営者の皆様から、いろいろと役立つアドバイスをいただけたことも大きな励みになっております。
自社の事業を見直す良い機会になりますので、ぜひ、エントリーしてみてください。

水道防災協同組合 理事長 鹿毛 勝昭氏
 この度、ステップアップ助成事業で奨励賞を頂きました水道防災協同組合の代表理事の鹿毛勝昭と申します。
当組合は、平成18年1月の長崎県でのグループホーム火災を期に、異能業種による組合を立ち上げ、火災による犠牲者を一人も出すまいという理念のもと、安心、安全、安眠をキャッチフレーズに、一般用スプリンクラー設備の開発にいち早く取り組んで参りました。その結果、停電時でも稼動し、自動停止する水道連結型スプリンクラーシステムを開発することができました。
毎年、冬の時期になりますと悲しい火災事故が毎日のように報道されています。また、平成21年4月1日の消防法の改正に伴う設備投資は、グループホーム等の経営をされておられる方々にとっては大変なご負担であると思います。当組合の製品により、初期消火による避難確保が可能となり、設備の導入にかかる費用も軽減されます。一日も早く家庭やマンション等に普及し、火災から貴重な人命、財産を守ることが組合員の願いであります。

プリンタ用画面
前
H20年度受賞者近況
カテゴリートップ
ステップアップ助成事業
次
H20年度書類選考