福岡の起業創業応援サイト
  • 大
  • 中
  • 小
トップ  >  FAQ  >  届出、許認可等

FAQ(よくある質問と回答)

目次


創業時に必要な届出にはどのようなものがありますか?
開業すると、税務関係、社会保険関係、労働保険関係などへの届出が必要です。

1 税務関係
【個人事業主】
(1)税務署
(2)県税事務所
【法人】
(1)税務署
(2)県税事務所
(3)福岡市財政局法人課税課

2 社会保険関係
  社会保険とは、健康保険と厚生年金保険のことをいいます。
  法人企業は加入が義務づけられています。
  個人事業も加入が義務づけられているケースがありますので、ご確認ください。
(1)年金事務所(健康保険、厚生年金保険の「新規適用届」など)

3 労働保険関係
  労働保険とは、労災保険と雇用保険のことをいいます。
  労働者を常時使用する事務所は、業種や人数に関係なく届出をしなければなりません。
(1)ハローワーク(雇用保険)
(2)労働基準監督署(労災保険)

  詳しくはこちらをご覧ください。
創業する際に何か届出などの手続きが必要ですか?
 株式会社を設立するには法務局で設立登記を行う必要があります。個人事業の場合は税務署や県税事務所へ開業届けを提出します。その他にも税務や社会保険に係る届出がありますので、詳しくは行政書士や社会保険労務士、税理士、経営相談窓口へお問い合せください。
 うっかりこれを怠ると、納税のときや資金の借入のときに不利になったり、公的機関の支援を受けられないこともありますので、開業前にかならず確認をしておいてください。

【参考情報】 
 新規創業に伴う諸官庁への届出 開業ハンドブック46頁